スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
催眠面接予定表を更新
2013-02-03 Sun 19:48
催眠面接予定表を更新

PCサイト 催眠面接予定表(Googleサイト)

携帯サイト 催眠面接予定表(携帯サイト)

 プロフィールを修正。催眠術歴、今年で41年目に突入。(年齢が・・・)
スポンサーサイト
別窓 | Weblog | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
マインドコントロールされないために(3)
2012-03-19 Mon 20:21
 
 マインドコントロールされないために(3)


 「マインドコントロールされないために(1)」

  〜あなたは今,マインドコントロールされていませんか?〜

 「マインドコントロールされないために(2)」

  につづき,

 「マインドコントロールされないために(3)」

  をアップしました!




別窓 | Weblog | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
マインドコントロールされないために(2)
2012-03-14 Wed 19:48
 
 マインドコントロールされないために(2)


 「マインドコントロールされないために(1)」

  〜あなたは今,マインドコントロールされていませんか?〜

  につづき,

 「マインドコントロールされないために(2)」

  をアップしました。





  その3 は 明日投稿予定。
別窓 | Weblog | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
マインドコントロールされないために
2012-03-14 Wed 02:20
マインドコントロールされないために

 あなたは今,マインドコントロールされていませんか?

 「寒天が健康にいい!」と報道されたら,すぐに寒天が売り切れ,「トマトに脂肪燃焼効果がある」と報じられたとたんに店頭からトマトがなくなる。あなたは大丈夫ですか?

 「血液型占い」は単なる占いにすぎないのに(それもあまりにも大雑把すぎる占いなのに),本気で信じ込んでいませんか?

 「今年はこの色が流行する」と聞いて,それを行動の基準にしていませんか?

 これは古い記事ですが,この度の大震災以前は 「絶対安全」(クリック!) という言葉にマインドコントロールされていませんでしたか?
  ┗注 [探査機ハヤブサ]危機管理(これでもか,これでもかという危機の先読みとそれに対する手当)とは正反対ですね。

 教育催眠研究会は,このような現状を危惧します。今,巷では,ある占い師にだまされた芸能人のことが話題になっています。「彼女は女占い師にマインドコントロールされているのだ」と。

 そういう意味で言うなら,例の芸能人と私たちとは五十歩百歩,私たちだってマインドコントロールされているのです。

 そして,それを打破するために,心の仕組みや,人間の「認識」について学んでいこうとするのが教育催眠研究会の活動なのです。

 ともすると,テレビの催眠ショーを見た人の中に「催眠って,人をマインドコントロールするものなんでしょ?」などと言う人がいますが,これは逆です。「催眠」や「催眠の手法」を学ぶことによって,マインドコントロールや迷信,偏見を打破していこうというのが私たちのスタンスなのです。

 とくに「教育界」においては,この構えは重要です。戦前・戦中の教育などは「マインドコントロール」というよりも「洗脳教育」といえるかもしれません。

 さて,「催眠」と「マインドコントロール」を同一視してしまうのも大きな偏見です。

 あたりまえのことなのですが,催眠だけで人を自由に操ることは不可能です。とくに催眠性トランスにある人は,心が研ぎ澄まされ,防衛本能も敏感になりますから,かえって「悪意」「偽善」などを見破りやすくなります。

 この稿では詳しいお話しはさけますが,教育催眠研究会では,科学的・合理的な見方・考え方 を追究します。

 ※ 「催眠って,中島さんのような人をつくること?」と聞かれたので,取り急ぎこの記事を書きました。これに関しては,研修会で勉強しますが,サイト上でもお知らせできることと思います。


別窓 | Weblog | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
2012年3月29日(木) 教育催眠研究会研修会
2012-02-23 Thu 02:33
教育催眠研究会がさきのお知らせのとおり,2012年3月29日(木)に決定いたしました。
会員の皆様には,本日ご案内を発送させていただく予定です。

また,会員以外の方で参加希望がございます場合は,
「お問い合わせフォーム」より,お申し込みください。
(氏名・メールアドレス・所属・参加希望 等を明記してください。また紙媒体文書の発送をご希望の場合は,宛先をご記入ください)

対象者は,基本的に教員・学生・保護者・教育関係者です。
それ以外の方で参加ご希望の方は,希望する理由や自己紹介などをご記入ください。
趣旨に賛同していただき,人数等の余裕がある場合はご参加いただく場合もございます。

以上,ご連絡でした。

※詳細は,http://www.konton.net/saimin
別窓 | Weblog | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。